どいつが強い!?続編!!プロスピ2019能力値ランキング

ゲーム

最近ウイイレ2020を買って、プロスピ2019とウイイレ2020どちらのオンラインをやるか迷っている3739(@3739_Minamiku)です。

前回、プロスピ2019選手総合値ランキングを記事にしました。

続編ということで、ポジション・各能力値のランキングをまとめてみました。

ツィッターもよろしくネ!!

フォロー・いいね・リツイートお願いしまーす。

プロスピ2019ポジション別ランキング トップ3

※LIVE能力は反映されていない状態の能力値になります。

投手能力総合値ランキング

投手(先発)トップ3

順位 選手 総合値 球速 スタミナ 疲労回復
1位 菅野智之 429 155 88A 64・C
2位 山本由伸 417 157 68・C 69C
3位 岸 孝之 414 150 80・A 63・C

球種 変化量(球威・コントロール)

菅野智之

第1球種 
ストレート(CA)スライダー5(BD)
カーブ3(CD)縦スラ3(DC
Hシンカー1(GG

第2球種 
ワンシーム(GE)カット3(CC
スローカーブ3(DC)フォーク3(DC

山本由伸

第1球種
ストレート(CC)カット4(BB
Dカーブ3(BC)Hシュート3(DD
SFF4(BD)サークルチェンジ1(GF

第2球種 
ツーシーム(ED)Hスライダー4(DD
スローカーブ2(FE)縦スラ2(FE

岸 孝之

第1球種
ストレート(BA)スライダー3(EC
カーブ6(AC)チェンジアップ4(BD

投手(中継ぎ)トップ3

順位 選手 総合値 球速 スタミナ 疲労回復
1位 ジョンソン 347 155 48・E 68C
2位 ハーマン 331 154 46・E 68C
3位 モイネロ 330 153 46・E 51・E

球種 変化量(球威・コントロール)

ジョンソン

第1球種
ストレート(BC)カット2(DD
パワーカーブ5(AC)チェンジアップ2(FE

ハーマン

第1球種
ストレート(BD)スライダー3(DE
Kカーブ6(BD)チェンジアップ1(GF

第2球種
スライダー2(DE

モイネロ

第1球種
ストレート(BE)スライダー3(EE
カーブ4(CE)チェンジアップ5(BE

第2球種
縦スラ5(BE

投手(抑え)トップ3

順位 選手 総合値 球速 スタミナ 疲労回復
1位 松井裕樹 404 150 50D 67・C
2位 山崎康晃 384 151 48・E 78B
3位 森 唯斗 363 153 47・E 71・B

球種 変化量(球威・コントロール)

松井裕樹

第1球種
ストレート(SE)カット3(EE
スラーブ6(BF)チェンジアップ(BE

第2球種
カーブ3(FG)フォーク1(GG

山崎康晃

第1球種
ストレート(BC)スライダー4(DC
フォーク3(EE)ツーシーム6(AC

第2球種
ツーシーム(EE

森 唯斗

第1球種
ストレート(BC)カット5(CD)シュート2(ED
Kカーブ4(BD)フォーク4(EE

第2球種
スライダー1(FE)チェンジアップ2(FF

野手能力総合値

打撃=ミート対右+ミート対左+パワー
守備=捕球+スローイング+肩力+守備適正

上記、合計値で算出しています。

※複数ポシションの選手はメインポジションで選出

捕手(キャッチャー)

チームの扇の要となるポジチョンでのランキング上位は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復 リード
1位 森 友哉 395 203C 65・C 225・D 70B D
2位 梅野隆太郎 365 150・D 61・C 283・B 68・C C
3位 甲斐拓也 361 146・E 70B 296B 61・C D

捕手としては異例の打撃力・天才的バッティングセンス 森友哉

バランスに長けており、2桁盗塁と足でも見せる 阪神梅野

足を封じる絶対的支配者 守りの要 甲斐拓也

一塁手(ファースト)

ちょっとの守備のまずさは目をつぶる。

打撃に特化した先鋭たちの上位は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復
1位  ビシエド 397 223・B 54D 222・D 70B
2位  ソト 395 229B 42・E 200・D 60・C
3位  ロペス 393 199・C 49・E 285B 58・D

昨年の首位打者 高いミート力に加え、全体的能力の安定感はさすがの一言 ビシエド

昨年のホームラン王は高い打撃力で今年も独走中 ソト

高い打撃力を誇りながら、守備では打撃以上の能力 万能型ロペス

 

二塁手(セカンド)

走攻守全てにおいて、高レベルが求められるポジションでの上位は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復
1位  山田哲人 483  238B 81A  249C 85A 
2位  浅村栄斗 436  219・B  66・C   246・C 77・B
3位  外崎修汰 389  181・C  70・B  218・D 72・B

トリプル3の価値を下げた男 圧倒的能力で他選手を圧倒 山田哲人

移籍初年度の今年は苦戦を強いられているが、打撃能力も実績も十分 昨年打点王浅村

任されたポジションを淡々とこなす器用な選手 最強のユーティリティープレイヤー外崎

三塁手(サード)

特に打撃ではスラッガーが多かった昔の花形+守備において反応と判断能力が問われる

両者、高レベルを維持しなければならない重要ポジションでの上位は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復
1位  松田宣浩 381 188・C 66C 268C 87A
2位  宮崎敏郎 373 204C 43・E 213・D 72・B
3位  中村剛也  357  184・C 55・D 201・D 57・D

走攻守の安定感を高レベルで維持し続けている試合以外での貢献度も計り知れない 松田

高いミート力に加え、長打も打てる 前半戦の大不振からの復活は見事 宮崎

言わずと知れたスラッガー ホームランといえばこの人 おかわり君・中村

遊撃手(ショート)

守備に特化した選手が多い中、走攻守を極めたショートはいるのか。

現在の花形ポジションでの上位は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復
1位  坂本勇人 483 229B 74・B 273・C  82・A 
2位  源田壮亮 441 159・D 86 321A 85A 
3位  今宮健太 381 189・C  68・C 267・ 70・B 

今年は長打力にさらに磨きがかかり、走攻守すべてのレベルが高く手が付けられない
高打率で安打を増やし続ける プロ野球歴代NO1ショート坂本勇人

ルーキーイヤーから守備部門でトップを独走 守備における天才 守備職人源田

2桁ホームランを打てる長打力に派手な守備 肩の強さが売り今宮健太

中堅手(センター)

高い守備能力・打球に追いつく足と外野守備における最重要ポジション

打撃でも記録を残せる選手が多いポジションでの上位は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復
1位  柳田悠岐 523 257A 81A 246・C 69・C
2位  秋山翔吾  474  209・C 72・B 281B 90S
3位  丸 佳浩  438  227・B 70・B 253・C 87・A

現プロ野球球界NO1の怪物 高い身体能力を持つスラッガー柳田

高打率を残す巧みなバットコントロール・守備の安定感が光る ヒットメーカー秋山

走攻守レベルが高く、確かな選球眼をもち出塁率も高い つなぐ・決めるなんでもできる選手   

左翼手(レフト)

守備よりも打撃に特化した選手が多いレフトでの打の精鋭は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復
1位 近藤健介 373 204・C 51・D 212・D 51・D
2位 筒香嘉智 363 221B 58D 220D 70B
3位 吉田正尚 350 212・B 57・D 217・D 68・C

確かな選球眼に加え、巧みなバットコントロール 高い打率・出塁率を残す 出塁率お化け近藤

ホームランを量産し続けるスラッガー 侍4番筒香

フルスイングを貫く若き大砲 未来の三冠王・吉田正尚 

右翼手(ライト)

レーザービームで走者を釘付け、名手が揃うライトのポジションで輝く選手は!?

順位 選手 総合値 打撃 走力 守備 疲労回復
1位  鈴木誠也 402 235B 68・C 252・C 70・B
1位  上林誠知 402 174・D 77・B 268C 71B
3位  糸井嘉男 392 210・B 80A 211・D 62・C

全てにおける天才・逸材 柳田に肩を並べる唯一無二の選手 鈴木誠也

走攻守レベルが高くブレイクした若手 大きく輝く光となれる選手 上林

全てにおいて高レベルを何年も維持してきた衰え知らずの宇宙人 糸井  

プロスピ2019各能力値トップ5

野手部門

※LIVE能力は反映されていない状態の能力値になります。

※主に1軍選手の能力で選出しています。

ミート(対右)

順位 能力値 選手 選手総合値
1位 85・A 柳田悠岐 523
2位 77・B 雄平 364
6位 75・B 鈴木誠也 402
6位 75・B 坂本勇人 483
6位 75・B 秋山翔吾 474
6位 75・B 近藤健介 373

ミート(対左)

順位 能力値 選手 選手総合値
1位 91S 青木宣親 417
3位 87・A 山田哲人 483
3位 87・A 柳田悠岐 523
4位 79・B 鈴木誠也 402
7位 78・B 丸 佳浩 438
7位 78・B ビシエド 397
7位 78・B 糸井嘉男 392

 

パワー

順位 能力値 選手 選手総合値
1位 91S 山川穂高 384
2位 88・A ソト 395
5位 87・A バティスタ 293
5位 87・A ブラッシュ 316
5位 87・A ビヤヌエバ  347

 

走力

順位 能力値 選手 選手総合値
1位 93S 西川遥輝 370
2位 91・S 野間峻祥 355
5位 90・S 周東右京 215
5位 90・S 重信慎之介 219
5位 90・S 佐野皓大 175

捕球

順位 能力値 選手 選手総合値
1位 85A ロペス 393
1位 85A 石原慶幸 272
3位 82・A 福留孝介 348
4位 81・A 源田壮亮 441
6位 80・A 菊池涼介 388
6位 80・A 藤田一也 325

スローイング

順位 能力値 選手 選手総合値
1位  86A 小林誠司  274
2位  83・A 福留孝介  348
3位  81・A 甲斐拓也  361
4位  78・B 源田壮亮  441
6位  76・B 炭谷銀仁朗  322
6位  76・B 大山悠輔  313

肩力

順位 能力値 選手 選手総合値
1位 94S 甲斐拓也 361
2位 93・S 加藤匠馬 218
4位 90・S 野間峻祥 355
4位 90・S 後藤駿太 318
8位 88・A 鈴木誠也 402
8位 88・A 雄平 364
8位 88・A 小林誠司 274
8位 88・A 辰巳涼介 259

守備適正

順位 能力値 選手 選手総合値 守備位置
1位  95S 源田壮亮  441 ショート
2位  84・A 大和  321 センター・ショート・セカンド
4位  83・A 菊池涼介  388 セカンド
4位  83・A 後藤駿太  318 ライト
6位  81・A 坂本勇人  483 ショート
6位  81・A 大島洋平  404 センター

最後に

選手をランキング形式にまとめるのって意外に面白い。

時間もかかるし、サーチはしんどいですが。

能力値が選手の全ての能力ではありませんが、この選手はこうなんだとか新たな発見があって選手についてさらにしれたような気がします。

ランキングにしてみるとやっぱり柳田選手とかはよく出てきます。

すごい選手はどの観点から見ても絶対に出てきて、無視できないんですよねー。

今年の成績が反映されたものが気になるなー。

編集しないといけないけど。

個人的には源田選手の守備での圧倒的な能力が印象に残っています。

源田選手の記事も書いてるので見てね!!

→完全なる他記事の宣伝で笑

以上 終わりー。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

3739ーーー!!。

(みなさんきゅーーー!!)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました