注目選手はどの球団へ?プロ野球2019ドラフト1位指名予想

野球

プロ野球2019ドラフト会議が10月17日(木)に行われます。

今年は高校生投手が熱い!!

ということで、

プロ野球2019ドラフト1位の指名予想をしました。

※個人的な見解になっております。新しい情報の追加次第更新します。

プロ野球2019 ドラフト1位指名予想

色々な情報を参考に私的予想をしました。

上記「本命」が情報を参考に、僕自身が考えた指名予想です。
下記は、可能性がありそうな選手を上げています。

巨人

2019(指名予想) 佐々木朗希(大船渡)「本命」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ✖️根尾昂 ✖️辰巳涼介 ○高橋優貴
2017 ✖️清宮幸太郎 ✖️村上宗隆 ○鍬原拓也
2016 ✖️田中正義 ✖️佐々木千隼 ○吉川尚輝
2015 ○桜井俊貴

横浜

2019(指名予想) 奥川恭伸(星稜)「本命」
森下暢仁(明治大)「可能性あり」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018  ✖️小園海斗  ○上茶谷大河
2017 ○東克樹
2016 ✖️柳裕也 ✖️佐々木千隼 ○濱口遥大
2015 ○今永昇太

阪神

2019(指名予想) 奥川恭伸(星稜)「本命」
石川昴弥(東邦)「一本釣り狙う?」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ✖️藤原恭大 ✖️辰巳涼介 ○近本光司
2017 ✖️清宮幸太郎 ✖️安田尚憲 ○馬場皐輔
2016 ○大山悠輔
2015 ○高山俊

広島

2019(指名予想) 奥川恭伸(星稜)「本命」
2019(公言) 森下暢仁(明治大)「公言」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ○小園海斗
2017 ○中村奨成
2016 ✖️田中正義 ✖️佐々木千隼 ○矢崎拓也
2015 ○岡田明丈

中日

2019(指名予想) 奥川恭伸(星稜)「本命」
石川昴弥(東邦)「一本釣り狙う?」
2019(公言) 石川昴弥(東邦)「公言」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018  ○根尾昂
2017 ✖️中村奨成 ○鈴木博志
2016 ○柳裕也
2015 ✖️高橋純平 ○小笠原慎之介

ヤクルト

2019(指名予想) 森下暢仁(明治大)「本命」
2019(公言) 奥川恭信(星稜)「公言」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ✖️根尾昂 ✖️上茶谷大河 ○清水昇
2017 ✖️清宮幸太郎 ○村上宗隆
2016 ○寺島成輝
2015 ✖️高山俊 ○原樹理

西武

2019(指名予想) 奥川恭伸(星稜)「本命」
佐々木朗希(大船渡)「公言」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ○松本航
2017 ✖️田嶋大樹 ○斎藤大将
2016 ○今井達也
2015 ○多和田真三郎

ソフトバンク

2019(指名予想) 佐々木朗希(大船渡)「本命」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ✖️小園海斗 ✖️辰巳涼介 ○甲斐野央
2017 ✖️清宮幸太郎 ✖️安田尚憲 ✖️馬場皐輔 ○吉住晴人
2016 ○田中正義
2015 ○高橋純平

楽天

2019(指名予想 佐々木朗希(大船渡)「本命」
年代   ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ✖️藤原恭大 ○辰巳涼介
2017 ✖️清宮幸太郎 ✖️村上宗隆 ○近藤弘樹
2016 ○藤平尚真
2015 ✖️平沢大河 ○オコエ瑠偉

ロッテ

2019(指名予想) 森下暢仁(明治大)「本命?」
2019(公言) 佐々木朗希(大船渡)「公言」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ○藤原恭大
2017 ✖️清宮幸太郎 ○安田尚憲
2016 ✖️田中正義 ○佐々木千隼
2015 ○平沢大河

日ハム

2019(公言) 佐々木朗希(大船渡)
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ✖️根尾昂 ○吉田輝星
2017 ○清宮幸太郎
2016 ✖️田中正義 ✖️佐々木千隼 ○堀瑞輝
2015 ✖️高橋純平 ✖️小笠原慎之介 ○上原健太

オリックス

2019(指名予想) 奥川恭伸(星稜)「本命?」
年代 ドラフト1位(交渉権獲得)
2018 ✖️小園海斗 ○太田椋
2017 ○田嶋大樹
2016 ○山岡泰輔
2015 ○吉田正尚

指名予想まとめ

佐々木朗希(大船渡)・・・4球団(巨人・楽天・ソフトバンク・日ハム)

奥川恭伸(星稜)・・・6球団(阪神・広島・横浜・中日・西武・オリックス)

森下暢仁(明治大)・・・2球団(ヤクルト・ロッテ)

僕の予想は、この3選手に全球団の指名があるのではないかと思っています。

色々な情報を見ても、評価が特に高い。

今年はこの3選手が能力的に考えて群を抜いている感じですね。

ただこの3選手は100パーセント競合するでしょう。

競合を避けて、他の選手の一本釣りを狙う球団も出てきそうです。

例えば西純矢(創志学園)や石川昴弥(東邦)など。

河野竜生(JFE西日本)などや他の選手もあるかなー。可能性は低そうですが。

現段階では3選手の能力が抜けているので、競合を気にせず3選手に行って欲しいですね。

特に贔屓の球団には3人のうちの1人を取りに行って欲しいのではないでしょうか。

個人的には奥川投手が1番能力が高いと思っています。
あと西投手も良い。

ドラフト注目選手紹介

ドラフト1位候補選手の紹介。

佐々木朗希(大船渡)

ストレートは最速163km/h。平均球速150前後。

変化球(スライダー・チェンジアップ・フォーク)

体の線が細く、即戦力というよりは素材型。

ただ今の段階でも、プロにも引けを取らないストレートを投げる。

プロで身体を作り成長した際には、今よりももっと凄い球を投げられると思います。

ポテンシャルには底知れぬものがあり、将来性とスケールについては今期No.1。

今までの選手と比べても、類を見ない逸材。

奥川恭伸(星稜)

ストレートは最速158km/h。平均球速140後半。

甲子園では、最速154km/hをマーク。
41イニング3分の1をを投げ、51奪三振。

変化球(スライダー・チェンジアップ・フォークなど)

ストレート・変化球、どの球も決め球にできどの球もレベルが高い。

ストレートがシュート回転する時もありますが、それでも150キロ超えを記録。

指にかかった時のストレートは高校生では打てない。

なおかつ隅に投げ分けるコントロールも持っている。

安定感は抜群で、即戦力としても期待できそう。

将来球界を代表する投手になれる逸材。

森下暢仁(明治大)

大学No. 1投手。

ストレートは最速155km/h。平均球速140後半。

変化球(カットボール・スローカーブ・縦スライダー・チェンジアップ)

制球力が高く、ボールにキレがある。全体的能力・総合力が高い。

即戦力として今期一番期待できる選手。

高校生にはない変化球のキレやストレートの強さまた制球力を持っている。

カーブとチェンジアップが良い。

一年目から即戦力として新人王を狙えそうな投手。

まとめ

ドラフト2019今年の逸材たちは、どの球団に指名されどの球団に入団するでしょうか。

結構当てるつもりで指名予想しましたが、こればっかりは難しい。

一本釣りで狙ってほしような

競合必至で取りに行って欲しいような

贔屓球団にはいろいろありますね。

ドラフト本番を楽しみに待ちましょう。

以上 終わりー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました