【SPIxFAMILY】感想・レビュー。話題の漫画・スパイファミリーがおもしろい

SPIxFAMILY
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

様々な大賞にノミネート・受賞している話題になっている漫画・『SPIxFAMILY』

これからさらに人気・話題になりそうな評価されそうな作品。

今回は、スパイファミリーの感想・レビューを紹介します。

ただただおもしろい、それだけは言えます笑

今話題の漫画・SPIxFAMILY

「SPIxFAMILY」は、『少年ジャンプ+』で連載中の今話題になっている漫画。

2019年3月25日より隔週月曜更新で連載中。

次に来るマンガ大賞やこのマンガがすごい!などなど、

多く受賞・ノミネートされ、漫画作品として評価されている。

SPIxFAMILY 感想・レビュー

  • ストーリーとその展開がいい
  • ギャグ・小ネタがおもしろい
  • アーニャがかわいい
  • とりあえずおもしろい

ストーリーとその展開がいい

隠し事をもった主要キャラが利害の一致により家族になる。

ありがちな展開のように見えるが、読むとこの漫画に引き込まれる。

続きも気になるし、展開が早くサクサク読めました。

展開が早い方が自分には合っていましたね。

話は進んでいるが、この漫画の根本的なところ
物語の核に当たる部分はまだまだ謎ばかりで、

これからも続きを楽しみに読んでいきたいと思います。

ギャグ・小ネタがいい

全体を通してギャグ・小ネタも多く、場面場面で笑える・楽しめる。

キャラの良さがより引き立てていて、

コメディ表現と物語の核となる部分、いい変化になってストーリーにより引き込まれる。

ギャグを楽しみながら、続きはどうなるのかとかこれからの展開とか、

気になりながら一気に読み進めることができました。

キャラの魅力を引き立てるギャグ・小ネタもよくおもしろい。

アーニャがかわいい

アーニャは、SPIxFAMILYの魅力のひとつ。

アーニャを見るためだけでも漫画を楽しめます。

アーニャのセリフだったり会話だったり、

様々な表情、心が読めてしまうからこそのリアクションなどなど。

物語のストーリーに直接関係することではないことですけど、

スパイファミリーという漫画を楽しむ要素となります。

幼いながらにちち・ははのことを考え行動している姿、

ちちのミッションのためにもと頑張る姿、

様々な姿・表情を見せてくれるアーニャがとてもかわいいです。

とりあえずおもしろい

ストーリーやキャラクターなど色々ありますけど、

とりあえず言えることはおもしろい。

話題になるだけあるという感じです。

評価されている作品であり、オススメできる漫画。

読んだことない人がいたら、ぜひ読んでみてほしいと思います。

ただ意見は三者三様、肯定があれば否定もあるように

全員が面白いというわけではないと思います。

人によって好みはあるでしょうし、ただ言えることは自分は面白かったです笑

SPIxFAMILY ストーリー・あらすじ

隣り合う東国(オスタニア)西国(ウェスタリス)の間には仮初の平和が成り立っていた。

西国から東国に送られた凄腕スパイ・黄昏(たそがれ)は、東国の政治家ドノバン・デズモンドと接触するため、偽装家族を作ってデズモンドの息子が通う名門イーデン校に養子を入学させる任務オペレーション〈梟〉(ストリクス)を命じられる。

黄昏は精神科医ロイド・フォージャーを名乗り、養子を探して孤児院で他人の心を読める少女アーニャと出会う。アーニャはロイドの心を読んで賢いふりをしたため、難関イーデン校に合格できると考えたロイドは彼女を養子にする。実はそれほど賢くないアーニャにロイドは四苦八苦させられるが、なんとか筆記試験に合格。しかし次の面接試験に「両親」揃って来るよう指示されたため、ロイドは急いで妻役の女性を探すことになる。

その矢先、二人はヨル・ブライアという女性と出会う。彼女は公務員をする傍らいばら姫のコードネームで密かに殺し屋をしていたが、婚期の遅れを周囲に揶揄され、他人の注目を避けるために形式上の恋人を探していた。心を読む能力によってヨルが殺し屋であることを知ったアーニャは、好奇心からヨルが母親になってくれるよう仕向ける。恋人役を探していたヨルと、妻役を捜していたロイド、そして「わくわく」を求めるアーニャの利害が一致し、3人は互いに素性を隠しつつ、即席の家族としての生活をスタートさせる。

SPIxFAMILY-Wikipedia

SPIxFAMILY 登場人物

  • ロイド・フォージャー『黄昏』
  • ヨル・ブライア『いばら姫』
  • アーニャ『被検体007』

ロイド・フォージャー『黄昏』

  • 表は精神科医、裏の顔は敏腕スパイ
  • なんでもできる有能
  • スパイ故に感情・本心を見せないが、偽の家族を気遣う優しさも

アーニャやヨルには、精神科医をしていることにしている。

実際は、西国組織のスパイでコードネーム『黄昏』。

変装が得意で、並外れた身体能力・記憶力などを持っており、どんな仕事でもこなす有能。

有能だが疲労を見せたり諦めを見せたりと人間味あふれる場面みせる。

任務のため家族(子供・妻)が必要になり、アーニャ・ヨルと偽の家族となった。

偽の家族だが、家族を気遣う優しさや時折、感情・心境の変化も見せている。

ヨル・ブライア『いばら姫』

  • 表は市役所の事務員、裏の顔は凄腕の殺し屋
  • 天然でアホな美人
  • 優れた身体能力と戦闘力

表向きは市役所の事務員だが、裏の顔は凄腕の殺し屋。

人を投げ飛ばすなど、驚くほどの身体能力と戦闘力を持っている。

殺し屋を続けていく上で、人間関係等怪しまれることをさけるため・自分の利益のため、ロイドと偽装結婚。

ロイド・アーニャと家族となる。偽装だが、家族関係は良好。

アーニャの家族・ははとして、自分にできることをやろうという場面も。

天然で周りとはすこしズレているところもあり、弟には変わっていると言われる。

アホなところもある美人。

アーニャ『被検体007』

  • 他人の心を読むことができる超能力者
  • 表情豊かな普通のかわいい女の子

他人の心を読むことができる超能力者の少女。

ちち・ロイドがスパイであること、
はは・ヨルが殺し屋であること、を能力により知っている。

能力は持っているが、年相応の女の子。

表情豊かで普通のかわいい女の子です。

アーニャの表情だったりリアクションだったり、

かわいいアーニャや笑わせてくれるアーニャ

場面によって変わる様々なアーニャの姿もこのマンガの魅力のひとつ。

まとめ

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

漫画・SPIxFAMILY紹介でした。

今人気が出ていて、これからもっと有名・注目されそうな作品。

ありがちな設定・ストーリーに思うけど、実際自分あまり見たことがない世界観な気がした。

自分が浅すぎるだけかもしれないけど。

アーニャがおもしろくて、表情だったり他キャラとのやりとりだったり、

アーニャを見るだけでも読める漫画。

展開も早いので、サクサク読めた。

有名作品になると1つのストーリーがすごい長い時あるけど、

自分は長すぎるのと冷めてしまうことも多いので、

スパイファミリーの展開の感じは自分に合ってるかも。

おそらくこれからアニメ化も絶対あるそんな作品だと思います。

少年ジャンプ+のアプリで無料で読めると思うので、

読んだことない人いれば、試しに読んでみてください!!

以上 おわりー

3739ー!(みなさんきゅー!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました