《CoDモバイル》ランクマッチ・立ち回りについて。LMG編!

codモバイル
DariuszSankowski / Pixabay

CoDモバイル、LMGの立ち回り・戦い方について紹介します。

LMGで強いのは、S36。S36の記事はこちら↓↓↓

LMGは中距離から遠距離の敵と離れた距離で強い武器です。

LMG使用時の立ち回りの参考にしていただければと思います。

立ち回り:LMGについて

LMGは射程距離が比較的長めの武器になり、SRに次ぐ遠距離で戦うことができ、強さを発揮する武器です。弾数が多いのもLMGの利点ひとつ。

遠距離だと狙いにくく弾が減りがちですが、弾数が多いと撃ちつづけることができ、リロードを挟まずにすみます。敵が狙いにくい程、マガジン容量が多いことで有利な戦いができる。

ただ、SRが相手の際には注意が必要。

機動力が無く、移動速度が他武器に劣っていることから俊敏な動きができず、近距離を対応しきれません。

武器の強い点や利点を生かす・弱点を補う戦い方をする必要があります。

LMG使用時の立ち回りでは、近距離を避け、敵から離れた距離(遠・中距離)で戦うようにしましょう。

移動速度が遅く、サイト・スコープを覗き込むのが遅い武器になるので、極力移動は避けた方が良いと思います。移動を避ける=動かないことですね。

つまり、移動を最小限にするためにも強ポジでイモって敵を狙ったり、置きエイムによる出待ちをしながら攻撃するなどの戦い方が有効。

武器の使い方によってはトツりも有効になってきます。トツりながら、敵との間合いを考えプレイすることが重要です。

LMG立ち回り:まとめ

LMG立ち回りについて内容をまとめました。

  • 移動・近距離戦はできる限り避ける
  • 強ポジでのイモり・置きエイムが有効
  • 敵と離れた距離で戦う(SRには注意)

上記がLMG使用時の重要なポイントです。弱点を補い、武器の強いところを活かした戦い方になります。

LMGの強さや利点を活かし弱点を補う方法は、移動と近距離での戦いを減らし、敵と離れた距離で戦う・撃ち合うような立ち回りや戦い方をすること。

トツりも有効な戦い方になりますが、武器との相性や武器の得意な距離・間合いなどを考えて配慮しながら戦う必要があります。

注意する点は、相手がスナイパーの場合の戦い方。

キルするまでにワンショットでやられる可能性があります。相手がスナイパーなら撃ち合いは避け、不意打ちなら攻撃しましょう。

LMG使用時には、これらのポイントを意識し実践してみてください。

LMG(トツり):オススメパーク

トツることで敵との距離を詰め、近距離に持ち込むことができます。

LMGは武器の特徴的に近距離は戦いにくいですが、使い方によってはトツりが強いのでパークの紹介をします。

  • ライトウェイト機敏
  • ハードワイヤー
  • デッドサイレンス

移動が速くなるライトウェイト、ダッシュ時のエイム速度が上昇する機敏

カウンターUAVやトリップマイン等、立ち回りや移動時に邪魔な障害への対策になるハードワイヤー

移動時の足音が敵に聞こえないデッドサイレンス

これらのパークが移動が多くなるトツりと相性が良い有効なパークです。

LMGで動き回るなら上記のパークがオススメ。

敵のUAV対策となるゴーストも効果的なパーク。

LMG(イモり):オススメパーク

LMG(イモり)オススメパーク

  • フラックジャケット
  • タフネスゴースト
  • アラート

スパローやウォーマシーンなど爆撃対策となるフラックジャケット

敵との撃ち合いで勝てる確率が格段に上昇するタフネス、UAV・位置バレ防止のゴースト

足音や表示により、敵の位置を事前に知ることができるアラート

これらのパークがイモには有効なパーク。特にアラートがオススメで、イモには必須。

イモっていて敵が連続で自分を倒しに来た際などには、回復が速い高速回復も効果的なパークになりそうです。

まとめ:LMG

LMG使用時の立ち回りについての紹介でした。

LMGの専門距離は、遠距離から中距離。(スナイパーには注意が必要)

マガジン容量が多い点を効果的に使い、敵がくる位置やいる位置に連続で射撃するのが強い。

LMGを使って強ポジでイモる敵や遠くから狙ってくる敵がよくいます。

それをされると、こちらからすればかなり戦いにくい。

出待ちや遠くから攻撃をしてくる人が多いですね。火力もあるので、それが強いということだと思います。

皆さんもLMG使用時には、そんな戦い方をするようにしてみてください。

以上 終わりー

3739ー!(みなさんきゅー!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました